ドリーム・トラスト株式会社

医療、AED、酸素濃縮機、グループホーム開業コンサルタント&コインランドリービジネス

ドリーム・トラスト株式会社

医療開業をお考えの先生方へ

医療費の報酬の違い

日本の医療保険制度はすべての国民に等しくが原則ですが、現在の医療現場では、高い治療費や短い治療期間など矛盾が多い。

なぜなのか

患者の症状が同じでも、医者の判断は必ずしも同じではありません。だから同じ病気でも医者、病院によって治療法や治療費、治療期間が違います。
高い治療費を払ったから必ず治ると言うのはありません。
医者にも、腕の悪い医者や医療研究している腕のよい医者もおります。優秀な医者と経験の浅い医者では医療技術が大きく違います。
そのような医療治療の差があるのに、診療報酬は同じです。
日本の診療報酬のは入院・検査・治療にかかった費用を積み上げて計算するので「出来高製」と呼んでおります。
優秀な医者に診てもらっても、腕の悪い医者に見てもらっても同じ治療費を払うのです。
だから、必ずセカンドオピニオンやサードオピニオンで、他の医者に診察していただくことが大切です。

医療費の矛盾とムダ

医者の仕事

風邪やインフルエンザといった病気には、絶対治る、絶対病気にならないという特効薬はありません(多くの医師から聞いた内容)医者は「自宅で安静にしていれば大丈夫です」と言ってそのまま患者を帰したのでは医者の経営が成り立ちません。
そこで、医者は薬を出したり注射をしたりします。患者の方も「ただ自分で安静にしているだけ」では不安になり、薬を下さい、注射をして下さいと言う、お互いに医者も患者も治療なしでは納得しないところに人間的矛盾があるようです。

病気の認識

病気には、医者の治療で治る病気、医者が治療しても治らない病気、放っておいても自然と治る病気に区別できます。大体の病気は自然と治る病気が6割から8割ぐらいあるそうです。難点は、現代社会では自然に治るには期間がかかります。仕事が忙しい人たちにとってはすぐに治ってほしいもので、薬や注射を希望する。薬の効果的問題や逆に体にとっては副作用の発生などもおきる。
自分の病気については自分で自覚しておく必要があります。

気軽にお問合せ、ご相談下さい。

・開業医で3年以上の先生方、黒字経営の経営ノウハウお知らせします。

・開業医で1年以上の先生方へ資金融資の相談も受けております。

・医療現場は利益の出る医療へ切り替えましょう。

・高齢者専用賃貸住宅を医療の受皿として提供を考えてみませんか。

・(高専賃)は設計プランの相談から資金調達の相談まで、すべてのノウハウを提供させていただきます。

お問合せご相談はこちらから